2015年2月に医学団体日本成人病予防協会の推薦を獲得した製品です。

「からだ天国」は、30年余り糖尿病の改善に尽力された2名の医師に加え、薬剤師、管理栄養士、植物性ケイ素開発者のご指導とご協力によって巨大な社会問題を解決するために誕生しました。 さらに、医学団体による臨床試験実施の信頼ある確かな商品です。その理念と品質が認められ、2015年2月世界で52番目の「医学団体 日本成人病予防協会」の「推奨品」に認定されました。これが製品選択の一助になれば幸いです。

医学団体 日本成人病予防協会とは

「医学団体 日本成人病予防協会」は、厚労省、文科省、農水省等と共に、予防医学、健康管理の知識と意識の普及啓発を行っている医学団体です。
昭和 62 年に設立され、糖尿病をはじめとする成人病(生活習慣病)の予防と健康社会の確立を目指し、無料健康相談、健康管理士の資格取得支援、講演会活動などを通じ予防医学を推進しております。

  • 講演会活動 中央省庁・自治体・一般企業・学校・老人クラブ等で開催し、実績は3,500回以上、10万人を超える。
  • 推奨認定制度 品質と安全性に優れ、安心して使用できるものを各分野の専門家が責任を持って審査し推奨する制度。
  • 健康管理士一般指導員資格の認定 康管理の実践者を育成することにより、職場・地域・家庭での予防医学・健康管理活動の普及を目的とする。
  • セミナー、能力開発講座の開催 健康学習セミナー・能力開発講座を通して、さらに知識の向上やスキルアップを図る。
  • 書籍等の発行

日本成人病予防協会 推奨認定制度とは

医学団体 日本成人病予防協会」では、消費者の確かな健康に貢献する目的で、消費者が健康食品を購入する際の指標となる、「品質と安全性」に優れているもののみを推奨認定する推奨認定制度を設けられています。
推奨審査には、製品規格、原材料の品質(合成物質ではないか)、表示に不正がないか、人体に対する危険性の有無など、商品自体の項目に加え、商品を扱っている企業の広告や販売形態(消費者の安全を第一に考えているか)、また、経営者の面接に至るまで8過程・20項目の審査があります。その最終段階である理事会総合審査では、満場一致の賛成を得られて初めて推奨品と認定されます。
日本成人病予防協会の推奨品に認定される基準は非常に厳格です。合格率は、0.1%以下と考えられます。
その厳格な審査基準により、約30年の歴史があるにも関わらず、推奨認定を受けた企業は現在までに52社しかなく、しかも認定されるのは1素材につき1社に限定されている、非常に格式の高い認定制度となっています。

「からだ天国」「もっとからだ天国」はこのような厳格な審査に合格した品質と安全が確認された確かな商品です。